ZCR/bLOG


[Radio] JIDX CW 2019

2019年04月15日 01時 更新

JIDXコンテストCW に 今年も 1.8MHzで出てみた。

このコンテストは、土曜日16:00~日曜日22:00(JST)である。1.8MHzでは どうしても日没後からの参戦となる。今年も 19時からQRV。

しかし、Asiaticロシアしかできない。
北米は N6ROや KA6BIMを確認できたものの なんぼ呼んでもダメ。中国局もガン無視。台湾の BV1ELも かなり弱く 反応無し。

VI9NIも入感していたが、UP などと打っていたので コンテスト参加ではないと判断し、こちらからは呼ばなかった。

00時jstに近づいたところで 睡魔に襲われ、第一ラウンド終了。



03時jst 目覚ましで起床。

CQを出すと いきなり R4REに呼ばれる。やた! Europeanロシアだ。
しかし、けっきょくヨーロッパは この局のみ。

他に OK1DOT UA5C RC3Wなどが確認できたが、なんぼ呼んでも・・ (^^;)

日の出は 05時05分。06時近くまで CQ出してみたが ほぼ反応無し。第二ラウンド終了し、ふとんに戻って 08時頃まで寝直し。



第三ラウンドの前の 昼過ぎに ラジアル・アースの追加作業。
Eu方向にあたる隣家にお願いして 銅線を 13mほど埋めさせてもらった。これで確実に良くなるということはいえないが、まあ、積み重ねだよね。


19時jst過ぎから 散発的にコンテストへ復帰するもぜんぜん増えず。

20時jst過ぎ、アラスカ KL7SBを呼んで なんとかQSO。北米は K3ESTも強力だったが なんぼ呼んでもダメ。S9くらい振らないとダメなのかも。

BV1EL、再び聞こえてきたが 昨日よりも弱く ノイズスレスレ。なんとかコールサインはとれたが 同じ周波数で 北海道局がCQ出し始め、ウヤムヤのうちに消感してしまった。残念。

21時jst過ぎ、VE6WZから呼ばれて NRを送ったのだが ノイズで 向こうがNR送ってきたのかどうかも判らない状態。けっきょく ログインならず。
やはり受信専用アンテナも必要?? 当方の敷地では EWEとか ペナント・アンテナくらいしか選択肢がないのだが、北向きで設置することも検討してみるか。

21時半過ぎ、フィリピン DU6/N6SSから呼ばれ、ようやくオセアニアをゲット。


<タイムチャート>

    |  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 |小計|  10 11 12|小計|合計
----+-----------------------------------+----+----------+----+----
 1.8|   1  -  -  1  1  -  -  -  2  1  - |   6|   -  2  1|   3|   9
----+-----------------------------------+----+----------+----+----
合計|   1  0  0  1  1  0  0  0  2  1  0 |   6|   0  2  1|   3|   9
<大陸別の交信局数>

                 1.8    ALL       %

North America      1      1   11.11
South America      -      -    0.00
Europe             1      1   11.11
Asia               6      6   66.67
Africa             -      -    0.00
Oceania            1      1   11.11
Antarctica         -      -    0.00

Total              9      9

自局の飛び具合としては、やはり訴求力不足。K2POのスキマに 某kWerが 8dB、某1.8L常連局が 3dBで捕捉されていたが 当方は 中国のスキマだけで K2POまでは届かなかった。

で、出来高。局数は 昨年と同数だが、マルチは減。聞こえた局も少なかった。

これって、やはり コンテスト結果発表が 遅れに遅れているのも影響してるのかも?? なにしろ、2017年のPhoneの結果も まだだし。これじゃあ、ヤル気出ないよ と いう方もいらっしゃるのでは??


Tada/JA7KPI : 2019年04月13日(土)

«今年初の 6mDX 最新 G1X FOUR»
編集