ZCR/bLOG


[Music] G1X FOUR

2019年05月06日 11時 更新

当bLOGでの Musicネタといえば 近年は 年に1回だけの登場という絶滅危惧カテゴリなのだが、実は ギターは ほぼ毎日触っている。

ただし 遊んでるだけで、演奏しているというレベルではない・・ (^^;)

で、そのギターは エレキで、やってるのは 一応ロック系・・

しかし、寄る年波で めっきり反応速度が落ちてしまっているのである。ようするに速いフレーズが弾けない。
あろうことか リズムキープも怪しいのだ。思えば 一番 指が動いたのは 高校生の時か・・下手だったけど。

また、ロック系なんで当然エフェクタがいるわけだが、今までは YAMAHAの MIDI音源 MU80にオマケ機能として付いているギター用エフェクタを使っていた。こいつの真空管アンプ・シミュレータは そこそこいい音だったのだが、いかんせんエフェクトの種類が少なすぎ。

ということで、何年ぶりだ? ギター用グッズを買ったのは??


ZOOM ズーム マルチエフェクター マルチエフェクツプロセッサー G1X FOUR

ZOOM(ズーム)
¥ 10,490

エフェクト種類は 60以上。また ドラムマシン内蔵。さらに ルーパー(LOOPER)と称する30秒間のサウンドメモリ機能も。


さっそく これを使って遊んでみたのが次のサウンドファイル。

G1X FOUR使用サンプル mp3 Sound file
REC190418b.mp3 ←適当にお使いください。

これは、ドラム鳴らしつつ 4小節のみ録音するように設定しておいて ギターを 2回だか3回重ねたもの。これを延々と再生し、さらにギター弾いて 暇つぶしたり練習したりできるわけである。なかなかの優れ物であるといえよう。

G1X FOUR使用サンプル mp3 Sound file
REC190502b.mp3 ←おまけ。

12小節のブルース進行。下手である。(^^;)


Tada/JA7KPI : 2019年04月18日(木)
コメント(2) [コメントを投稿する]
JR7BVQ 2019年04月19日(金) 00時

録音聴きました。チャーみたいでカッコイイですね。私、ZOOMが最初に出したエフェクターを使っていた事がありました。当然ですが、当時のものとは比較になりませんね。音が良くてビックリしました。hi 73

Tada 2019年04月19日(金) 19時

たった4小節なんで、ハッタリですよ。ロックはハッタリも重要 (^^;)。<br>デジタル処理は 32bitなので、昔と比べると やはり音はいいですね。


«JIDX CW 2019 最新 春爛漫»
編集