ZCR/bLOG


[Movie] 大河ドラマ

2019年02月10日 23時 更新

NHKの いわゆる『大河ドラマ』については、断片的に観たことはあるものの、ストーリィを追うなんてとんでもない・・ というくらい観たことはなかった。

しかし、今 かかってる『いだてん』は あろうことか全話リアルタイムで観ている*1。これは たいへんなことなのである。なぜって、それまでは裏番組の『イッテQ!』観てたからだ。

なぜ それなりに実績のある『イッテQ!』から『いだてん』に乗り換えたのか・・というと・・

ひょんなことから『いだてん』の前宣伝の番組を観てしまい、その中で 製作スタッフが次のように語っていたのである。

『いだてん』では当時の東京をミニチュアで作っていて、そのサイズは通常の1.5倍ぐらいあり、スケールとしては「シン・ゴジラ」じゃなくて『サンダ対ガイラ』ぐらい・・

『サンダ対ガイラ』!! なななな なんということだ。もう、こうなると観ないわけにはいかんのである。しかも、あろうことか あの「海底軍艦」の原作者 押川春浪も出てくるではないか。*2

脚本の宮藤官九郎をはじめ「あまちゃん」のスタッフが多くかかわっているというのもあった。「あまちゃん」は ほぼ全話観たもんなぁ・・

しかしなぁ・・ ビートたけし が 古今亭志ん生・・違うんじゃないかなぁ・・ 志ん生の落語は NHKのラジオで聞いただけだけど・・ 森山未來の美濃部孝蔵や 松尾スズキの 橘家円喬が良いだけにギャップがなぁ・・*3

大丈夫かなぁ・・ てか、伏線 全部回収できんのか?? (^^;) *4


【東宝特撮Blu-rayセレクションフランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

東宝
¥ 4,884


【東宝特撮Blu-rayセレクション】海底軍艦<Blu-ray>

東宝
¥ 4,958


*1 しかも初回は 録画して 計3回観た。

*2 『トクサツガガガ』とは何の関係も・・あるワケない。

*3 言い回しなどは似せているフシもあるが、いかんせん 声質がまるで違う。

*4 ちなみに・・ 東京オリンピックのときは まだワラシ。でも、円谷、三宅、東洋の魔女、チャスラフスカは覚えてる。

Tada/JA7KPI : 2019年02月10日(日)

«CQWW160m 2019 最新 V84SAA»
編集